収入証明が必要な時と必要ないときを教えて

一昔前に比べ、現在の消費者金融は申し込みから融資までに要する時間が短くなっています。

申し込み当日に融資が受けられる即日融資と呼ばれるサービスも充実しており、すぐにお金を借りたい方にとっては非常に頼れる存在です。

即日融資を可能にしているのは迅速な審査です。審査そのものの仕組みを変えるだけでなく、一昔前と違い、収入証明書類の提出基準も緩和されていることが審査速度を速めた理由と言えるでしょう。

現在、多くの消費者金融では、一定の条件を満たしていれば収入証明書類の提出が省略されるようになっています。

大手消費者金融のプロミスでは、希望借入金額が50万円以下の場合は原則的に収入証明書類の提出が不要です。この場合は収入証明書類を用意する必要がない為、思い立った時にすぐにキャッシングに申し込むことが出来ます。

しかし、借入希望額が50万円以下なら必ずしも収入証明書類の提出が省略されるというわけではありません。

すでに他社から借りている金額と新たに融資を希望する金額の合計が100万円を超えてしまう場合は、収入証明書が必要です。
たとえば、他社からの借り入れがすでに70万円ある方が新規にプロミスで30万円の借り入れを希望する場合などです。
この場合はプロミスでの希望額は50万円以下ですが、合計金額が100万円になってしまう為、収入証明書を提出しなくてはなりません。この点には注意が必要と言えるでしょう。

また、他社からの借り入れ金額との合計が100万円に満たない場合でも、例外的に収入証明書の提出が求められる場合もあります。

一例を挙げると、年収が少ない方の場合です。
プロミスは総量規制の対象になっている貸金業者です。
その為、利用者に対して年収の3分の1以上の金額の融資を行うことはできません。

年収が少ない方の場合、たとえプロミスでの借入希望額が少額だったとしても、それが総量規制の上限を超えてしまう可能性も出てきます。この場合は収入証明書の提出が求められる可能性がある為、申し込み前に効力を持つ収入証明書を用意しておくと安心です。

上に挙げた例は新規申し込みにおける収入証明に関するケースですが、これらとは別に、プロミスの既存の利用者が収入証明書の提出を求められることもあります。

既に提出済みの収入証明が発行から3年以上経過している利用者は、新しい収入証明の提出が求められる可能性が高いです。プロミスの利用経歴が長い人は、途中で新しい収入証明を提出する必要があるかもしれないことを念頭に入れておきましょう。

収入証明の提出が必要になるケースにおいて、事前に有効な収入証明書類をきちんと用意しておくことは、即日融資においてとても重要なポイントになってきます。

必要書類が揃っていれば、すぐに提出して融資手続きを行うことが出来るからです。プロミスから迅速にお金を借りたいなら、収入証明が必要になるか否かきちんと確認しておき、必要な場合は申し込み前に用意しておくことをお勧めします。

コラムメニュー