30日間の無利息期間は何か特別な手続きが必要?

プロミスには、他社と比べても比較的長い30日間の無利息期間が存在しています。
これは、借り入れから30日間は利息負担が発生しないことを表しています。

他社が一般的に1週間程度の無利息期間しか備えていないのに対し、プロミスは非常に太っ腹なサービスを提供していると言って良いでしょう。

しかし、30日間の無利息期間は無条件に利用できるというものではありません。
このサービスを利用するにはいくつかの条件があるのです。

まず前提条件として、プロミスを初めて利用する方であることが不可欠になります。
過去にプロミスを利用したことがある方は30日間の無利息サービスを利用することが出来ないので、注意しましょう。

また、新規のお客様であっても30日間の無利息期間サービスを受けるには2つの条件が必要になっています。

それが、Eメールアドレスの登録とweb明細の利用です。これらの条件をすべて満たすことが出来て初めて、プロミスの30日間無利息サービスが適用されることになります。

30日間の無利息サービスを利用している間は、追加融資に対しても無利息サービスが適用されます。無利息期間中に一度当初の借り入れを完済し、再度融資を受けた場合でも同様です。しかし、無利息期間サービスがスタートするのは初回利用日の翌日からなので、この期間を過ぎてしまった場合は通常の利息が発生することになります。

さて、ここで気になるのがプロミスの初回利用日です。

初回利用日の捉え方を間違えてしまうと、無利息期間サービスを正しく活用できなくなってしまうかもしれないので、きちんと確認しておく必要があります。プロミスにおける利用日というのは、実際に融資を受けた日のことです。

プロミスに新規利用申し込みをした場合、そこから審査がスタートし、審査に通過してから実際の契約を結ぶことになります。

プロミスとの間に融資契約を結んだだけでは、まだ実際の利用は発生していません。契約日から数日後に初めての融資を受けた場合は、融資を受けた日が無利息期間サービスの開始日になります。つまり、契約日と利用日が離れている可能性もあるのです。

とは言え、プロミスでは即日融資を受けることが可能です。 自動契約機を利用すれば専用カードの即日発行を受けることが出来るし、インターネットや電話からの即日振込み融資にも対応しています。

近年は迅速な融資を求めて消費者金融を利用する方も多く、プロミスの利用者においても、契約したその日に融資を受ける方が少なくありません。

即日融資を受けた場合は契約日と利用日が同一になり、30日間の無利息期間開始日が契約日の翌日となります。ここから30日間の間に完済すれば利息負担は一切発生しないことになる為、プロミスで初めて融資を受ける場合は、無利息期間サービスを考慮して融資のタイミングを見極めましょう。

コラムメニュー